◆高い収入に目が眩む◆

生涯賃金が高い職業と言えば。

一般の正社員よりも生涯賃金は高い

看護師の平均年収は、500万円に近いとされています。年収300万円でも普通だと言われる今の時代には、相当収入を得られる仕事だと言えるでしょう。そのため、比例して生涯賃金の額も高くなります。看護師の生涯賃金の額は、平均すると1億8千万円前後だとするデータがあります。女性より男性の方が少しだけ高くなりますが、ほぼ同じ水準です。ただ、このデータは、22歳から59歳までの収入を計算したものであって、18歳から仕事を始めている人や65歳まで仕事を続けている人には当てはまりません。より長く働く看護師は、もちろん生涯賃金の額もアップします。そのため、通常は2億円程度もらう事ができると考えておいて問題はないでしょう。昔は、一般の正社員でもこの程度の額になっていたのですが、賃金が下がり続けている現代日本においては、非常に高い数字だと言えます。人よりも多く残業をするだとか、人よりも多く夜勤をする場合は、さらに生涯賃金が上がります。個人の努力次第で収入をコントロールできる点も、看護師の魅力的でしょう。一般の正社員ではなかなかできない事です。仕事の量も豊富で、多くの看護師が残業をしたとしても仕事が尽きる事はあまりないと言えるでしょう。人手不足と言われているぐらいですから、いくらでも仕事が受けられる点も素晴らしいポイントです。長期的に働いて看護管理職のポストに就けば、さらに年収を上げる事も可能です。さすがに医師には及びませんが、一般の正社員では難しいぐらいの年収額は確保できます。しかし、看護師のように生涯賃金が高い職業は存在しています。どう言った職業があるかは、生涯賃金についてフォーカスを当てている参考情報を確認してみてください。